HOTPINGについて

HOTPINGで関税ってかかるの?関税のかからない通販方法を解説!

海外で通販しようと思えば避けて通れないのが関税になってきますた。ここではHOTPINGのファッション通販で関税はかかってくるのか見ていきましょう。

HOTPINGの商品は韓国から発送されます。その為、扱いは個人輸入となります。

当然ですが海外から日本に運ばれてくる物は日本の税関を通過していきます。税関を通過する際に日本では税金を支払う物品や条件などが存在しています。

もし通販した商品が税関に引き止められると関税や消費税などが請求されます。個人の通販であれば少額輸入貨物にあたります。衣類の場合、関税率は10%になっています。

送料以外に関税も払わなければいけないなんて最悪ですよね。でも上手く通販を利用すれば関税のかからない方法もあります。それでは見ていきましょう。

1回のお買い物金額を1万円以下にする

海外での買い物、また通販において関税及び消費税は1万以下であれば免税される決まりになっています。これを守っていれば確実に関税を回避する事ができます。

しかし、物品の中には関税を免税しない物品といった物が存在します。税関の公式サイトを確認してもらえばわかりますが、ハンドバッグ、手袋、編み物製衣類などは関税を免税しない物品扱いです。

でも安心してください。
使用目的が個人であれば関税を免税しない物品であっても課税価格1万円以内であれば免税されます。なので関税を支払う必要はないのです。

そしてHOTPINGではお買い物金額8,000円以上で送料無料となっています。送料無料で関税無しにするにはお買い物金額を8,000円以上、10,000円未満にする事が有効となってきます。

配送業者に佐川急便を指定する

HOTPING公式サイトの利用ガイドに記載があるので利用する方は目を通して欲しいのですが、HOTPINGでは利用する配送業者によって関税の扱いに違いがあります。

佐川急便を指定した場合はHOTPINGが関税を負担。

国際EMSを指定した場合、関税はお客負担。

このように配送業者によって違いがあります。ですからお買い物金額が1万円以上になってしまった場合は必ず佐川急便を指定するようにしましょう。

そうすれば税関にて関税が発生した場合、HOTPING側で関税の支払いを行ってくれます。

配送業者による違い

関税負担の違いと同時に佐川と国際EMSでは明確に違う部分がもう一点あります。それが配達速度です。

佐川急便は発送から3日~5日以内に配達予定です。国際EMSは発送から2日~4日の配送となっています。若干ですが国際EMSを指定した方が手元に届くのが早いといったメリットが存在しています。

-HOTPINGについて

Copyright© KOREAN FASHION通信 , 2020 All Rights Reserved.